주 메뉴 바로가기 본문으로 바로가기

전체 메뉴 사이트맵

닫기

본문 바로가기

정책동향

홈 > BT동향 > 정책동향

scrap print facebook twitter naverBand url
글 읽기

일본 재생을 위한 진정한 이노베이션력 강화 제언

분류 정책동향 > 정책이슈
출처 公益社団法人 経済同友会 조회 4644
자료발간일 2012-05-22 등록일 2013-09-17
첨부파일

RnD 일본 재생을 위한 진정한 이노베이션력 강화 제...(65.483 KB)

내용바로가기 http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2012/120522a.html
평점 평점이 없습니다.

일본 재생을 위한 진정한 이노베이션력 강화 제언

 

日本再生のために?のイノベ?ション力?化を

 

 

はじめに
??同友?では、2011 年1 月に「2020 年の日本創生―若者が輝き、世界が期待 する?へ―」を?表し、10 年後の?の在り方とその?現のために必要な行動を明 らかにした。しかし、同年3 月11 日の東日本大震災という予期せぬ事態を??し、 ?況は大きく?化した。一時的な後退を余儀なくされた日本??の「再生」のため に、?民が一丸となって行動しなくてはならない。

 

 

しかしながら、震災以前の問題として1990 年代以降の日本??の低迷は明らかであった。高度成長期には??の革新的な製品による新市場開拓であるプロダクトイノベ?ションが?現されてきたとともに、それらの製品の持?的改善によるプロセスイノベ?ションによる製品開?でも多くの利益を享受できた。しかし1990 年代以降、顧客ニ?ズも多?化?飽和することでプロダクトイノベ?ションも起こり にくい中、日本ではプロセスイノベ?ションに注力したために、いわゆるイノベ?ションのジレンマ1の?態に?り2、不連?(かつ破?的)なプロダクトイノベ?シ ョンがさらに生まれにくい?況となった。そして?みであったプロセスイノベ?ションについても、アジア諸?、特に韓??台??中?の台頭により、日本は?倒的な優位にいることはなくなった。米?ではこれらの点をいち早く察知し、先進?として今後の新興?と競?していくためには、不連?なプロダクトイベ?ションの創出が必要であるとの結論に至り、その施策を?施してきた。日本も、近年はこの 点を意識してイノベ?ションをキ?ワ?ドとした施策を?表してきている。

 

 

 

..........계속